TVアニメ『キン肉マン』完璧超人始祖編公式サイト

STAFF

CAST

COMMENT コメント

宮野真守

キン肉マン役

この度、「キン肉マン」役を担当させていただけることになりました。
今、この発言をしたことさえ、嘘かと思うほど、自分にこんな事態が起こるなど、夢にも思っていませんでした。
物心ついた時から、誰もが知る伝説級の作品で、もしかしたら僕は再放送で観ていたのかも知れませんが、僕も子供の頃から大好きで、「キン肉マンの歌」の数々は、刷り込みのように今でも歌えるほどです。
オーディションを受けさせていただけることだけでも光栄で、決定を聞いた時には、大きなプレッシャーも感じたのですけど、事前に神谷明さんとお話させていただける機会も設けてくださって。たっぷりと…お話させていただきました…。
その魂、心構え、キン肉マン「愛」。たくさんたくさん、共有させていただき、共鳴させていただき、授けてくださり、しっかり受け継がせていただいたと思っております…!誠心誠意、役に向かい、臨みます。
もうすでに現場では、キャスト、スタッフ全員の「キン肉マン」への愛が、溢れんばかりに溢れています!
なので、みなさまも是非、楽しみに待っていてください!

神谷 明

キン肉真弓/プリンス・カメハメ役

キン肉マンの新作アニメ化本当に嬉しいです。
さらにさらに大好きな宮野真守くんがキン肉マンを演じてくれるというのが二重の喜びになりました。
思い起こすと、前作では素敵なキャストの皆様と巡り会えました。
そして、そのチームワークが作品を作り上げたと言っても過言ではないでしょう。
是非、今回のキャストの皆様にも同じ喜びを味わっていただきたいと願っています。

INTRODUCTION イントロダクション

さあ、
伝説の続きを始めよう

1980年代、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の主力看板作品のひとつとして同誌の発行部数大躍進を牽引。さらに1983年から放送されたTVアニメは視聴率20%を超え、劇場版も7本製作、累計1億8千万体以上もの出荷数を記録したカプセルトイ“キンケシ”の大ブームなど、もはや社会現象とまで呼ばれた伝説のタイトル『キン肉マン』!

そんな作品が2011年11月、当時と変わらぬ“週刊連載漫画”として、しかも『週刊少年ジャンプ』時代の続きから物語を再開させるという形でまさかの復活を遂げた。

その新たなストーリーこそが、今回アニメ化されることになった
『キン肉マン』完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編!

正義超人、悪魔超人、完璧超人、往年のストーリーを彩ってきた三属性の超人軍が、各々の大義を掲げて繰り広げる新たな三つ巴の闘い!
その中で明かされていく“超人”という種のルーツ、重厚さを深めた各組織内の人間模様、アップデートされた超人たちの技の攻防、そして変わらぬ友情のドラマ…。
どんな者にも心に闘う理由がある!

アニメーション制作は『攻殻機動隊』シリーズをはじめとする名作を数多輩出し、『黒子のバスケ』『ハイキュー!!』などの『ジャンプ』作品も手掛けてきたProduction I.Gが担当。

そして前任者のレジェンド声優・神谷明からバトンタッチを受けて、主人公・キン肉マン役を新たに演じるのは、今や押しも押されもせぬ声優界のスーパースター・宮野真守。

さらに、監督・さとう陽、シリーズ構成・深見真、キャラクターデザイン・丸藤広貴、音楽・高梨康治、とメインスタッフにも近年のアニメシーンをリードする実力派が勢揃い。

アニメとしては実に32年という長い空白の時を超えて…!

今、キン肉マンの新たな闘いが幕をあける!!

CHARACTER キャラクター

キン肉マン

宮野真守
何をやってもドジばかりのお調子者ダメ超人だったが、多くの仲間と出会い、友情を育むうちに隠れた才能を開花。逆境で爆発する“火事場のクソ力”で数々の大逆転劇を演じ、地球を守り続けた奇蹟のヒーロー。現在はキン肉星第58代大王で、本名キン肉スグル。

プリンス・カメハメ

神谷 明
在住地であるハワイチャンピオンの座を999回連続防衛し、超人界難攻不落のタイトルに押し上げた関節技の達人。キン肉マンの隠れた素質を誰よりも深く見抜き、師匠となって自身の奥義“48の殺人技”を含むカメハメ殺法100手を伝授する。

キン肉真弓

神谷 明
キン肉マンの実の父にして、先代のキン肉星第57代大王。溺愛する息子を幼き日にブタと間違え、地球に置き去りにして帰るという大失態を犯し、そのため王子だったはずのキン肉マンはひとり地球に住むハメに。王としては有能で、民からの信頼は厚い。